https://blog.with2.net/link/?id=2086853

退職ラッシュ

f:id:qyururi:20220515062617j:image

これは、僕の今働いている会社のお話です。

年度が4月で変わり、その時に新体制となり新しい人事の発表が毎年あるんですが、名前のない人が何人かいました。その方々なんですが、結構社歴の長い人が多かったですよね。それこそ、うちの職場は社歴が長く、あまり辞める人がいない職場なので、少し驚きました。それで、その方々も優秀な方々で、マジかぁと正直落ち込みました。

そして、つい先日またもや退職の発表がありました。その方も長い方です。しかし、その方については、個人的になんとなく退職しそうな気配ありました。なんだろう、見ていて覇気が明らかにないんですよね。どんな感じかというと、なんかボーっとしている。そして、その方の職種も少し専門的だったため、まぁコロナの影響もありちょっと閑職気味だったわけです。それを知っているだけに、退職の発表を見て、やっぱり、と思ってしまいました。

その方とお話する機会がありました。みんながいるところだとあれなので、職場でたまたま2人になった時に、ちょっと尋ねてみました。「次もう決まっているんですか?」って。すると、「いや、まだ全然。笑」と笑いながら答えて下さりました。その方については、元々そこまで個人的に話す方ではなくて、用件があれば相談するってくらいだったんです。そして、そう答えてくれたときの表情がものすごく穏やかで、こんな表情する方だったんだな、って思いました。

穏やかな表情で、話しかけてもらったのがとても嬉しかったような様子でした。そこから少し雑談をしていると、僕のことに対しても「あまり長く続かない、って言ってたよね」とか、「ゆるりくん抜けると、大変になるね」てなことを言ってくださりました。あまり続かないって話したこと、なぜか覚えて下さっており、自分はいつ話したか忘れたんですが、少し感激でした。そして、お世辞かどうゆう意味かわかりませんが、「抜けると大変」ってのも嬉しかったです。

他にも辞めるって発表のあった方とは、一通り話しました。なんかね、こうゆう方々と話すときって、本音で話せるんですよね。というのも、この人らって今の職場になんらかの不満を抱えて退職をするわけじゃないですか。だから、自分の本音も話しやすくて、共感されやすい。そして、相手も自分がこのような感じなので、ホッとした様子で色々と話してくれる。なんしか、退職の発表があってから話しかけてもらえるのってすごく嬉しいと思います。これは自分も転職経験あるのでわかりますが。

自身も2年半くらいで転職してきました。あんまり長く続かないんですよね。本当に会社が嫌で逃げるように転職したケースもありました。これは、これ以上続けると自分が潰れるなって思ったので、逃げるは恥だが役に立つ、のように恥を選んででも辞めました。かっこ悪かったけど、いいんです。それ以外の理由では、刺激を求めて、です。やっぱり同じ職場にいると、マンネリするんですよね。元々営業の仕事をしていたんですが、営業は外部の方々と新しく知り合う機会が多く、楽しかったです。ただ、今は内部向けの仕事なので、どうしてもマンネリしてくる。今正直マンネリしているけど、子供もいるので、そう簡単には転職もできない状況です。

でも、これって会社を原因にするのは、自分が悪いなって思うんです。仕事なんていくらでも作ればいいし、楽しもうと思えば、いくらでも楽しめるんですよね。そういったバイタリティがあった時もあったのですが、それを通り越してなんかやる気が出ないな、って時期もあるわけです。正直会社で仕事をしていると、これの繰り返しじゃないかなって思います。うまいこと仕事が行けばモチベーションが上がり、それ以外はなんとなくダラダラ仕事をしている感じになる。ダメだなって思うんですがね。

最近ライフシフトっていう本を読みました。これは100年を見据えて仕事を考えようっていうお話、端的にいうとですが。平均寿命が長くなり、年金も当てにならない日本です。なので、今目先のことを考えて仕事をするのではなく、もっと先を見据えて仕事をしなさい、というようなお話でした。これを読んで、実際にそうだなって思った反面、ここまで考えている人ってどれだけいるのかな、って思いました。なんとなく生活していてもなんとかなるし、生活保護を受給している人もいるわけです。真剣に考えなきゃと思った反面、そんなに難しく考えなくても良いのでは?と思ったり。

職場でよく話す女の先輩がいるんですが、最近よく仕切るような仕事を任されており、なんか見ていてちょっと一杯一杯な様子。ちょっと抜けもあったりで、なんとかこなしているんですが、今日その方のそうゆう姿を見て、あぁこんな感じでもなんとかなるんだなって思ったのが正直な気持ち。上に立つと、どうしてもなんとかうまいことしなきゃ!ってなると思うんですが、失敗しても抜けがあっても、世界は滅びないし、誰かが死ぬこともないんですよね。医療系なら別ですが。なんかアップアップでも誰かがやらないといけない仕事をなんとかこなしている姿はちょっと尊敬ものでした。カッコイイなと思いました。

自分自身は正直昇進とか興味がないんですよね。どっちかっていうと、何かのスペシャリスト的な存在になりたいし、どこに行ってもこの業界なら通用する人間になりたいなって思っています。自分のイイところは人当たりが良くて馴染むのが早いところ。また、周りからよく言われるが、ちゃんと話ができるところ、です。これはよく言われます。管理職の経験も必要かもしれませんが、そうゆう出世とかより、いろんな仕事がしたい。これは先を見据えてっていう意味でも。そして、刺激を求める意味でも。新しいことってワクワクしますよね。

今の仕事はワクワク感が足りなく、ちょっとマンネリ気味なのです。なんとか別部署に異動できたら、と思っていますが、今年度はもう無理だし、どうなるかな、って感じです。とりあえず今日感じた気持ちを書いてみました。