https://blog.with2.net/link/?id=2086853

3分半の恋のABCロマン

f:id:qyururi:20220522234317j:image

過去のブログを見返していました。

実は以前にもブログを続けており、その時はなんと一日の平均アクセス数が1,000を超えていました。これは約1年ちょいでの結果です。そのアクセス数が増えた要因は婚活日記みたいなものなのですが、それ以外でも結構アクセスされる記事もあり、好きなことを好きなうように書いているだけなのに、読んでくれる人がいる、という素晴らしさに感銘を受けた次第です。

僕は元々媚びるのが嫌いです。よくこうゆうクリエイター的なサイトだと、相互っていうのがあると思うんですよ。それこそ、ファンや読者になったので、あなたもファンや読者になってください、っていう相互協力的なもの。僕があれが大嫌いでしたことないんですけど、それでも読み続けてくれているちゃんとした読者がいました。それはなんでなんかな?って考えると、単純にこうゆうブログや文章が好きってだけなんですよね。

その相互ってのも、見た目のファンなどの数だけは増えても見掛け倒しなんですよ。そして、結局のところちゃんと読んでくれている読者っていないっていうのは、そこらじゅうにある話だと思っています。それって悲しくない?って思います。ただ、数字で最初にそのように騙して読者を惹きつける方法もあるとは思っています。やっぱり読者やファンが見掛け倒しでも数字として多い方が見ようっていう気にはなりますよね。

そう考えると、僕のやっていることって本当に地道な作業だし、ものすごく効率が悪いです。でも、なぜそれをしないか?ってやっぱり虚しいからに尽きます。そりゃあね、こっちからいいねとかファンとかになって、読んでくださいって頭下げた方が読んでくれるのはわかりますが、こんなブログ読む人いるか?って話です(笑)絶対触りだけ読んで止めるのがオチでしょ(笑)なので、そんな逆に非効率なことはしないのです。

実際読んでくれる人がいた方が励みになるのは当たり前ですけどね。でも、やっぱり読みたいと思って読んでくれる人がいたら、その人は固定ファンで裏切ることは少ないんですよ。それも、自分が同じスタンスで好きなように書いたブログを気に入ってくれているなら、もうそのスタンスを貫くしかないし、それが自分にとって一番楽なんですよね。

やっぱり、こうゆうブログって何かのトピックスに絞って書いた方が間違いなくアクセスは良いんですよ。それはビジネスでも同じですが。でも、自分はそういったものが限られており、書く内容もホント数記事で尽きそうなので、そうしないのです。それをするよりかは、好きなことを好きなように書きたい。それで認められる、読まれるなら、それに越したことないんですよね。なので、僕はこのスタンスを貫きます。

前に書いていたブログは色々あり、全て非公開にしました。そして、読んでいて思ったんですが、マジで私生活オープンすぎなのよ(笑)あれ読む人が読んだらマジで自分じゃん!って気づくほど鮮明に書かれているのです。そして、内容も内容なので、特定されるとえらいことになるので、非公開にしました。ブログのアクセス数が増えるにつれて、やっぱり荒らしも増えます。なのでうんざりしていたんですが、なぜ改めて始めることにしたのか?

それは、過去を残すのは本当に悪くない作業だと思えたからです。これは、今日一の名言ですね(笑)マジで、過去を日記として文章として残すのは全く悪くない。未来の自分が見たときにものすごく面白いものだと改めて感じたからです。自分の中で2011年最強説があったんですよね、この年は越えられないみたいなね。でも、それ以降の日記を読み返していると全くそんなことないんですよ、超えているんですよ2011年を!!

当時はそんなことを思っていなかっただろうし、あの時は良かったっていう気持ちがあったと思います。でも、ブログを見ている限り、楽しそうだし、よかったなって思うことも多々あったはずです。2011年以降に一人暮らしをしたのですが、ものすごく楽しかったことが何回もありました。なので、超えているんですよね。そして、今2022年の自分はなんだかくすぶっているな、って感じです。しかし、未来の自分が思い返すと、この時よかったなって思うかもしれない。今がいつかの黄金時代になるようになんとか今を楽しめるようにしていきたい。

そんな理由から、ブログを残すこととしました。これは、完全他者向けではなく自分向けの記憶を残す作業です。それでも、他者が見て、いいなって少しでも思ってもらえたら励みになります。誰かのために書くこともなく、自分のために書いています。以前は独身だったので、結婚して子供ができるとまた違った視点でのお話ができると思います。

今を後悔しないように、記憶を残そうと思います。